ハヤシ医学研究所
HOME Email
ハヤシ医学研究所 眼の疾患
 
HOME
地域検索
相談窓口
セカンドオピニオン
コンタクトレンズ
ドライアイ
緑内障
飛蚊症
白内障
検査方法
花粉症とアレルギー
眼と成人病
眼の疾患
リンク
MRT
ハヤシ医学研究所 ブログ 健康、美容、医療、アンチエイジングに関する話題をブログで提供しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

屈折異常:メガネやコンタクトレンズで矯正します。
白内障:程度が軽いうちは点眼薬で予防し、進行したら手術が必要です。
緑内障:一般に緑内障として治療されているもののうち、日本人に多いのは、正常眼圧
  緑内障です。眼圧検査で拾うことは難しいです。
  40歳以上の17人に1人が緑内障にかかっているという報告があります。
急性緑内障発作:全くタイプは違いますが、眼圧が異常に高くなるタイプです。
  眼の充血が激しく、頭痛や吐気を伴うこともあります。遠視の、女性に多いようです。
  また、白内障の程度が強いとこの発作がおこることがあります。
  すぐに眼科受診すべきです。
強膜炎:眼の痛みが強く、充血も結膜炎よりも激しいです。ステロイドで治療します。
ぶどう膜炎:頻度は高くないですが、ときどきみられます。ステロイドで治療します。
糖尿病網膜症:軽症の場合は定期通院のみでよいですが、出血や変化の度合いによっては
  レーザー治療が必要です。
複視:ものがふたつに見える場合、乱視では片付けられないことがあります。
  複視は眼の筋肉が麻痺しているため、起こります。脳の病気を調べる必要があります。
ドライアイ:涙が少ない、あるいは涙はあるのに、蒸散が早いなどの理由で、眼の表面、
  特に角膜(くろめ)が障害されます。数種類の点眼剤を併用してもらい、コンタクトレンズも
  指導が必要になります。
花粉症とアレルギー:大きく分けて、体質によるアレルギーと、不適切なコンタクト使用による
  アレルギーにわかれますが、点眼と、コンタクトレンズの種類変更などで対処します。
ものもらい:脂肪の芯のある場合とそうでない場合がありますが、抗生剤で治療します。
 
ハヤシ医学研究所 hayamed.com お問合せ
 
(c) Copyright 2006 HAYASHI Medical Research Laboratory. All Rights Reserved.