ハヤシ医学研究所
HOME Email
ハヤシ医学研究所 花粉症とアレルギー
 
HOME
地域検索
相談窓口
セカンドオピニオン
コンタクトレンズ
ドライアイ
緑内障
飛蚊症
白内障
検査方法
花粉症とアレルギー
眼と成人病
眼の疾患
リンク
MRT
ハヤシ医学研究所 ブログ 健康、美容、医療、アンチエイジングに関する話題をブログで提供しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春と秋は花粉が飛びます。花粉が鼻や眼の粘膜でアレルギー反応を起こすと、IgE抗体が生産されます。これが引き金となって、肥満細胞が脱顆粒〜アレルギー反応を引き起こします。
炎症の一種なので、痒みが強く、瞼が腫れてきます。
眼のアレルギー症状には、点眼薬、ときには内服薬も処方します。
 
 
コンタクトレンズ、特にソフトコンタクトレンズを使っている人は、こすり荒いや蛋白除去などの消毒が不十分だったり、装用時間が長く、眼に負担をかけている場合、アレルギー性結膜炎の発症が見られます。もちろん花粉症やダニアレルギー、アトピー性皮膚炎を合併していることもあり、もともとアレルギー体質の人は注意が必要です。
 
 
@軽症の場合
 →抗アレルギー薬として、ザジテン/フサコール、リザベン/アレニスト、インタール/アルギノン
  などを使用
A中等症以上〜痒みあり
 →上記の他、痒みが強い場合はリボスチン点眼などを処方します。
B重症の場合
 →腫れが大きい場合は低濃度のステロイド剤を処方します。(フルオロメトロン0.1や0.02)
C花粉症の人で、毎年内服をしている場合は希望に合わせ、内服薬も処方します。

■コンタクトレンズと点眼剤
 コンタクトレンズの種類や装用時間に合わせて、点眼薬を処方しています。
 
 
   
  ←抗アレルギー薬
  フサコール
  例えば、一般的に処方する抗アレルギー薬です。
 
 
ハヤシ医学研究所 hayamed.com お問合せ
 
(c) Copyright 2006 HAYASHI Medical Research Laboratory. All Rights Reserved.