ハヤシ医学研究所
HOME Email
ハヤシ医学研究所 セカンドオピニオン
 
HOME
地域検索
相談窓口
セカンドオピニオン
コンタクトレンズ
ドライアイ
緑内障
飛蚊症
白内障
検査方法
花粉症とアレルギー
眼と成人病
眼の疾患
リンク
MRT
ハヤシ医学研究所 ブログ 健康、美容、医療、アンチエイジングに関する話題をブログで提供しています。
 
 
 
 
 
 
 

最近よく耳にするセカンド・オピニオンとは何でしょうか?
直訳すれば、第二の意見ということです。
 
 

具体的には、診断や治療方針について主治医以外の医師の意見をいいます。
「手術をすすめられたけど、どうしよう。」
インフォームド・コンセント(説明と同意)という考え方を分かっている医師でしたら治療法を決定するのは患者や家族であることを十分に認識しているからです。

医師からインフォーム(説明)を受けても、情報も知識もない患者や家族にとっては治療法の決定をできなかったり、不安を覚える場合もあります。
だから知識を持っている人=専門医に相談し、意見を聞きたいということになるわけです。これは至極当然なことであります。

重大な決断をしなければならないとき、他の病院の医師に相談したいと思うのは当たり前のことです。セカンド・オピニオンは、日本ではまだ普及していないため「主治医に失礼になるのでは」、と考える方もいるでしょう。
その心配はまったくいりません。欧米では、当たり前のことになっています。

自分や家族の大事な体のことを決めるのですからセカンドオピニオンにとどまらず、サードオピニオンやフォースオピニオン、フィフスオピニオンも必要です。

当研究所の、豊富な人脈によって、専門医のごく客観的な意見を募ることも可能です。
当研究所の得意とする診療科=眼科(近視手術,白内障手術)・整形外科・美容外科・麻酔科・歯科(矯正)・耳鼻科・皮膚科・神経内科・呼吸器内科(肺癌)などです。



 
ハヤシ医学研究所 hayamed.com お問合せ
 
(c) Copyright 2006 HAYASHI Medical Research Laboratory. All Rights Reserved.